• ドッグスピリッツのホームページはこちらからご覧ください
  • 2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    10/19相談会開催報告&次回のお知らせ

    ◎無料 犬のしつけ方相談会 開催報告


    10月19日(日)、大濠公園にてしつけ方相談会を開催いたしました。


    今回は、「保護犬を引き取られた飼い主さん」にも数組参加していただきました。

    保護犬=一度飼い主に捨てられた犬、経営困難になったブリーダーから引き取られた犬~など。


    保護犬の多くは言わば、「しなくてもいい苦労を経験した犬」とも言えると思います。


    飼い主に捨てられる、住み慣れた家(テリトリー)を失う、捕獲時の恐怖、

    移動に伴う環境の変化によるストレス、…など。

    こうしたことから、精神的にも不安定になり、

    引き取り後になんらかのストレス行動が出てしまうことも多いように思われます。


    また、今回の相談にもありましたが、先住犬にとっても「環境の変化」になりますので、

    先住犬にも行動の変化(問題行動の出現)が出てしまうこともあるようです。


    14_10_19

    自分たち自身も、「犬にとってどんなことががストレスになるのか?」、

    「ストレスを減らしてあげるにはどのようなケアが必要なのか」、

    …を理解していくことの大切さをあらためて感じさせられた相談会になりました。


    また同時に、飼い主さんたちの「保護犬を引き取ること」への意識・関心が

    高まっているようにも感じられ、嬉しさも感じることができました。


    しつけ方相談会は、2回3回…と、何度でも参加していただくことが可能です。

    是非次回以降の参加もお待ちしています


    次回のしつけ相談会は…

    ・日時:11月9日(日)、11時~14時(雨天開催)
    ・場所:DogMignon(ドッグミニョン) ナフコ西福岡店内(福岡市西区拾六町2-1-1)
     <問>092-883-5576 ドッグミニョン 
    ・事前予約 先着12組(予約はドッグミニョンさんの店舗で行っています)
    ※1組約30分のカウンセリング

    14_11_9.png


    問題行動の改善に向けて一緒に考えましょう!

    わんこお助け隊 中山
    スポンサーサイト

    | 犬のしつけ方相談会 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    11/9 犬のしつけ方相談会を行います!

    ◎無料 犬のしつけ方相談会のお知らせ


    2014/11/9(日)、

    ナフコ西福岡店 Dog Mignon(ドッグミニョン)さんにて犬のしつけ方相談会を行います。


    ・11時~14時(1組約30分ずつのカウンセリング形式です)

    ・雨天でも開催

    ・事前予約要。先着12組まで。

    ・ご予約・お問い合わせ先 : 092-883-5576  Dog Mignonさん


    14_11_9.png



    ご参加お待ちしています!!

    なお、チラシの掲示や配布ご協力いただける方は、
    こちらよりコピーしてご利用ください。チラシ掲示用(A4サイズ)チラシ配布用


    わんこお助け隊 大迫

    | 犬のしつけ方相談会 | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    【まな部】 第2回暮らしのセミナー「アフリカゾウのいない地球」

    11月15日土曜日に

    まな部主催の暮らしのセミナー第2弾を開催いたします。

    テーマは

    「アフリカゾウのいない地球―人とゾウの共生に向けて―」。

    アフリカで活動されている

    NGOアフリカゾウの涙代表の山脇愛理さんをお招きして

    アフリカゾウが抱えている問題、

    共生に向けての実践的な取り組みについて

    お話しいただきます。


    1014チラシ


    アフリカゾウは象牙を目的とした密猟のために

    10年後には絶滅するかもしれないといわれています。

    象牙の消費国としてその事実をどれだけの日本人が知っているでしょうか?

    私たちは

    遠くアフリカで起きている現実をまずは知る必要があると思います。

    そしてそのうえで、

    アフリカの社会、文化、伝統、政治についての深い理解をもとに

    ゾウとの共生を目指す現地の活動について

    学んでいただけばと思っています。

    この学びは

    それぞれの関心に沿っていかようにも広がっていくものだと

    感じています。


    セミナー当日は

    アフリカゾウの涙さんの活動を応援するチャリティグッズの販売も予定しています。

    ケニアのコーヒー

    ゾウの糞でつくったポストカードなど、販売予定です。

    TAE goods


    お楽しみに。

    ドッグスピリッツのチャリティバザーも同時開催させていただきますので

    こちらにもご協力お願いいたします。


    セミナー詳細は以下の通りです。


    ●日 時  2014年11月15日土曜日
            12時半受付 13時開始 
             *15時よりパネルディスカッションを行います。
               講師と間近でお話しできる時間を設けております。

    ●場 所  福岡ECO動物海洋専門学校 802教室
             アクセスについてはこちら

    ●参加費  1000円(チャリティステッカー付)

    ●定 員   70名


    参加ご希望の方は、

    11月10日(月曜日)までに

    dsmanabu★gmail.com  
      (★を@に変換の上、送信してください。)

    までメールにてお申込みください。

    今回のセミナーは

    いぬねこカウンシル福岡さんと共催させていただいており、

    またドッグマンス参加イベントでもあります。

    定員になり次第、締め切りますので、お早目のお申込みをよろしくお願いいたします。


    ※なお、チラシの掲示および配付にご協力いただける方は、こちらよりチラシをプリントアウトしてご利用ください。
    11/15「アフリカゾウのいない地球」掲示用(A4サイズ) ・ 配布用(A5サイズ)


     まな部・後藤 / 広報・大迫


    | まな部 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    【まな部】 狩猟セミナーの感想

    先日開催いたしました狩猟セミナーについて

    参加者から感想をいただきましたので、

    紹介いたします!


    ●初めて猟師さんの話を聞きました。

    以前から畜産について考えることがあり、その対極にある狩猟について、

    知りたいと思っていましたので、とても良い機会でした。

    狩る理由のひとつに、農業被害対策があげられ、しかしその前に考えるべきこと、

    するべきことなどが示され納得いたしました。

    個人的には狩猟はより認知されていくべき手段であると考えています。

    江口さんが、10年後どんな猟師さんになられていくのか、またお話を伺いたいです。


    ●案外、私も都会の人間のようでした。

    それまでは山のなかで本来のありかたでいる動物を食べることを通して、

    効率を第一に劣悪な環境で飼育されている家畜を食べていることにも

    気がつくセミナーだったと思います。

    (お土産の)イノシシ骨、もっと欲しそうな顔をしていました。


    ●今まで目を背けていたテーマでした。

    参加したことで狩る側の実情を垣間見ることができたのは有意義でした!

    が、向こう側に立つことは無理だろうと再認識しました。

    生き物を食べるということを改めて考える機会を頂きました。


    ●これまであまり考えたことがありませんでした。

    正直、狩猟そのものについて賛成も反対もなく、あまり考えたことがありませんでした。

    江口さんの話を聞いてまず思ったのは、

    「猟師」と一言でいってもいろんな方がいらっしゃるんだなということでした。

    多くの猟師さんが日々、真剣に「命」と向き合っておられることが感じられ、

    もっとほかの猟師さんの話も聞いてみたいと思いました。

    また、日本人の文化、歴史などについても興味がわきました。

    今回の話を聞いて、自分の中で初めて「狩猟」について考えがまとまってきたように思います。

    今後も、こういった機会に参加し、さらに考えを深めていきたいと思いました。





    | まな部 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    【まな部】 狩猟セミナー開催しました。

    まな部が主催する暮らしのセミナー第1弾

    狩る理由―命の大きさはみな同じ―」が無事に終了いたしました。

    講師にハンターチームtracksを率いる現役猟師、江口政継さんをお迎えして

    野生動物と命をかけて向きあう現場から見えてくるものについてお話しいただきました。

    P1000359.jpg



    参加者は11名、に途中参加の大物ゲストが1名。

    座談会といった形式をとりましたので、

    参加者それぞれの関心から、いろんな質問や意見が飛び交っていました。

    P1000358.jpg

    江口さんいわく

    「狩猟×動物ボランティアの史上初コラボ」の座談会でしたが、

    やはり「知る」ということの大切さを痛感させられた時間でした。


    まな部のセミナーは、

    セミナーで得た知識や刺激を

    それぞれの宿題として持って帰ってもらい、

    自分の糧にしていっていただきたいという思いで企画していますが、

    今回の内容も、

    狩猟というあまり縁のなかった、

    むしろ真逆の立場の世界を知ることで

    改めて命について見直す機会になったのではと思います。


    座談会後は

    P1000361.jpg

    ありがたく感謝しながらの交流会です。

    イノシシさんの骨付きバラ肉と、なんとアナグマでした。

    アナグマは、フルーツ好きなんだそうですよ。

    P1000366.jpg

    骨を犬に持って帰るところが

    「さすがドックスピリッツ!」と驚かれてしまいました。


    来年1月に、

    北米の狩猟民についてのセミナーを予定していますが、

    今回の話と照らし合わせることで

    もっと深いところが見えてくるのではないかと思っています。

    | まな部 | 13:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。